人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2020年3月8日礼拝

2020年3月8日礼拝_e0182473_11125950.jpg
(写真はベイビー面会♡など)
📕メッセージ📕
聖書箇所 詩篇5:1‐12
テーマ  「朝明けの祈り」
説教者  太田 穣 神学生
1.神様に心を向ける

1私のことばに耳を傾けてください。【主】よ。
私のうめきを聞き取ってください。
2私の叫ぶ声を耳に留めてください。
私の王 私の神
私はあなたに祈っています。
・ 「ことばに耳を傾けて」
→「うめきを聞き取って」
→「叫ぶ声を耳にとめて」

3【主】よ 朝明けに 私の声を聞いてください。
朝明けに 私はあなたの御前に備えをし
仰ぎ望みます。

・「朝明けに」:別訳「朝がくるごとに」
・「ebrew」:(あなたに)整える、備える
→神様に向かって身を整える

⇒どのような状況の中にあっても、神様に心を向けることが必要なのだと教えられている。一度だけでなく、朝毎に、いつも神様に心を向け、祈ることの大切さが歌われている。

2.神様はどのような方であるのか

4あなたは悪を喜ぶ神ではなく
わざわいは あなたとともに住まないからです。
5誇り高ぶる者たちは
御目の前に立つことはできません。
あなたは不法を行う者をすべて憎まれます。
6あなたは偽りを言う者どもを滅ぼされます。
【主】は人の血を流す者や 欺く者を忌み嫌われます。

・神様は完全に正しい方である。

9彼らの口には真実がなく
心にあるのは破壊です。
彼らの喉は開いた墓。
彼らはその舌でへつらうのです。
10神よ 彼らに責めを負わせてください。
彼らが自分のはかりごとで倒れますように。
その多くの背きのゆえに
彼らを追い散らしてください。
あなたに逆らっているからです。

⇒神様は、決して悪を見逃される方ではありません。
神様に背くもの、不正を行うもの、偽りを言うもの、欺くもの、誇り高ぶる者を忌み嫌い、滅ぼされる方である。

3.私たちはどのようなものなのか

Ⅱサムエル11章

7 しかし私は あなたの豊かな恵みによって
あなたの家に行き
あなたを恐れつつ
あなたの聖なる宮に向かってひれ伏します。
8 【主】よ 私を待ち伏せている者がいますから
あなたの義によって私を導いてください。
私の前に あなたの道をまっすぐにしてください。

ローマ3章20-24節

⇒罪びとである私たちを豊かな恵みによって救ってくださった。
私たちは、神様の豊かな恵みによって生かされている。だからこそ神様にいつも心を向ける必要がある。

4.神様の下に逃れる人の祝福

11どうか あなたに身を避ける者がみな喜び
とこしえまでも喜び歌いますように。
あなたが彼らをかばってくださり
御名を愛する者たちが あなたを誇りますように。
12【主】よ まことにあなたは正しい者を祝福し
大盾のように いつくしみでおおってくださいます。

・「正しいもの」:神様の下に逃れた人。

⇒イエス・キリストを信じ、その贖いによって神様の子どもとされた私たちを神様は祝福してくださる。私たちはその神様を喜び歌い、誇っている。

恵みに生かされていることをいつも覚えて、
神様にいつも心を向けるものでありたい。
♪賛美♪
1. 満たしてくださる方
2. 主の御名あがめます
3. Still
4. ただ一つ
★イベント★
☆ Heart & Soul(毎週金曜夜)
  * 3月はお休み
☆ 3/25 Grace House ゲームナイト (毎月第四水曜日)
☆ 3/29 元hi-baスタッフ丸山告さんのメッセージ

# by NC3blog | 2020-03-08 17:00 | Sunday Service

ヒトコトアカシ ~武漢の牧師からの手紙~

ヒトコトアカシ


https://www.chinasource.org/resource-library/chinese-church-voices/wuhan-pastor-pray-with-us


武漢の牧師からの手紙


兄弟姉妹の皆さん、平安が皆さんの上にありますように。

このところ武漢肺炎のことが私の考えることと生活の中心になっています。

常に最新のニュースを見て、私たちの家族と教会がこれにどのように立ち向かうべきかについて考えています。

家族に関しては、マスクと食料を備蓄し、外出は極力控えています。やむを得ず外出を余儀なくされた時は、マスクを着用し、それ以上のことは主の御手にゆだねています。

教会に関しては、集会の安全、信仰の証し、教会員への感染の可能性、これらすべてが困難な状況の下に置かれています。私たちが信仰の試練に直面し大きなチャレンジを受けていることは明らかです。

たしかに事態は深刻ではあります。しかし、主の約束-すなわち、主の私たちへの思いは、平安であり災いではありません(エレミヤ29:11)、そして主は私たちを滅ぼすためではなく、建て上げるために試練の時を許されています。ですから、クリスチャンはこの武漢で、共に苦しみもだえるのではなく、むしろ恐怖に脅えている市民のため祈り、キリストの平安へと導く責任を担っています。

まず第一に、キリストの平安が彼らを支配することを求めます。(コロサイ3:15)キリストはすでに私たちに平安を下さっています。しかし、その平安とは災難や死を取り除くことではなく、むしろそのような状況の只中において平安を持つことです。なぜならキリストはそれらにすでに勝利しているからです(ヨハネ14:27,16:33)。この平安の福音を信じていなければ、世界と共に、疫病を恐れ、死に直面して希望を失っているでしょう。(エフェソ6:15

なぜキリスト者のみに、この平安が与えられているのでしょうか。それは罪の為、人間には試練と困難の報いがあるからです。悪しきものには平安がない(イザヤ48:22)と主は言われます。わたしたちは以前は罪人でしたが、キリストは私達の身代わりにその罪を担い、キリストの平安をあたえてくださいました。

パウロはローマ8:33で、「誰が神に選ばれた者たちを訴えるでしょう。人を義としてくださるのは神なのです。」と言っています。クリスチャンは世が直面するのと同じ試練に直面します。しかし、その試練はもはや罰ではなく、全能の方へと近づき、聖い魂となる新なた成長の機会であり、福音を宣言する機会でもあるのです。

別の言い方をすれば、災難に私たちが撃たれてもそれはむしろ神の愛のひとつの形であると言ってよいでしょう。パウロは、「誰が、キリストの愛から私たちを引き離すことができましょう。苦難か、行き詰まりか、迫害か、飢えか、裸か、危険か、剣か。」と固く信じていました。「私たちは、私たちを愛してくださる方によって勝って余りあります。私は確信しています。死も命も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、力あるものも、高いものも深いものも、他のどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から私たちを引き離すことはできないのです。」(ローマ8:35-39

今日において言えば、武漢の肺炎は、キリストの愛から私たちを引き離すことはできません。この愛とは主イエス・キリストのうちにあります。この言葉は私たちにとってなんという慰めでしょうか。私たちはすでにキリストの体の一部であり、キリストの苦しみも栄光も頂いています。キリストのすべてが私たちを建てあげ、私たちのすべてもキリストを建てあげます。したがってこの肺炎を前にしてもキリストは私たちと共にこの武漢にいるのです。

この肺炎はキリストを傷つけることはできず、私たちに危害を加えることはできません。肺炎で世を去るとしても、それはキリストを証する機会であり、キリストの栄光へと入っていくことなのです。

ですから、兄弟姉妹のみなさん。キリストの愛によって勇敢になってください。この疫病で死をより深く経験し、福音を理解すれば、キリストの愛をより深く経験し、神にもっと近づいていくことができます。私たちの主イエスは信仰を通して比類なき死の苦しみを経験しましたが、神は彼を死からよみがえらせ、神の右の座に座らせました。(使徒言行録23236

もしこの真実を読んでまだ平安がないのであれば、今までにのべた上記の聖書箇所を熱心に読むことと、平安があなたの心を支配するまで、主にその真理を分からせてください、と祈ってください。

これは単に目に見える災害ではなく、霊的な戦いであることを覚えてください。最初に自分の心のために戦い、次にこの都市の魂のために戦ってください。

あなたが、一羽の雀でさえ父の許し無しに地に落ちないと知っていることを切に願います(マタイ10:29)。多くの魂がこの病に直面していることは、神の範ちゅうの外にあることなのでしょうか? 私たちが経験しているのは、アブラハムがソドムに、ヨナがニネベに直面していることと同じではありませんか?

神が、一人の義人のためにソドムに対する裁きを、または右も左もわからない12万人のために破壊を差し止めたのなら、私たちが住んでいる武漢市はどうでしょうか? 私たちは明らかにこの武漢の義人であり、一人よりもはるかに多くの義人がいます。しかしロトのようにこの都市のために悩み(1ペトロ27)、アブラハムのように真摯に主にソドムのために祈ることができますか?(創世記182333) 見てください。ヨナは神の言葉をニネベの町に伝えることに困難を覚えつつもそれを行い、それによってニネベは悔い改め救われました。私たちも同じく、アブラハムやヨナの町なのです。

私たちも神様の憐れみ(あわれみ)がこの武漢にあるように祈らなくてはなりません。そして、祈りと証をもって平安がこの町にもたらされることを。

私はこれが武漢に住む私たちクリスチャンに課せられた主の使命だと信じます。この町の平安を求めること、そしてこの病に侵されてしまった人が平安を得ること、最前線で奮闘している医療スタッフに平安がもたらされること、すべての政府関係者、そして武漢に住むすべての人がこの平安を持つことができることを。私たちはネットを通じて、福音をもって友人を慰め、導くことができます。私たちのいのちは私たちの手の中にあるのではなく、忠実で真実な神の御手にゆだねられていることを。 

ここ数日間、私は国外の牧師から多くの連絡を受けました。その方々とその教会は、武漢と私たちのことを心配しており、この事態に私たちと共に立ち向かい、仕えたいと申し出てくださっています。

その方々に、特にイエス様に目を向けるようにお願いしています。そして、私の事を心配したり、動揺したり、恐れたりせずに、イエスの御名で祈って頂きたいのです。すでに善良な方々、特に医療に従事している方々が自分の命をかえりみることなく日々奉仕してくださっています。彼らがそのような責任を引き受けることが出来ているのに、私たちが霊的責任を果たさない理由があるでしょうか!

もしまだ祈る責任を感じていなければ、主に愛する心と心から祈れる心を求めてください。もし泣いていないのであれば、主に涙を求めてください。

なぜなら、神の憐れみへの希望のみが、この都市を救うことが出来ると確信しているからです。


2020年1月23日




# by NC3blog | 2020-03-08 10:30 | あかし

2020年3月1日礼拝

2020年3月1日礼拝_e0182473_17260582.jpg
(ゲームナイト@グレイスハウスなど)
📕メッセージ📕
聖書箇所 創世記31:36-55
テーマ  「和解の力」
説教者  林 健二 牧師(ケンケン)
1、前回までの復習
・立って、罪を離れて、神の元へ
(創世記31:13)

・介入される神
(創世記31:29)

2、ヤコブの怒りとラバンの返答
・ヤコブの怒り
創世記31:37
裁判のよう、ラバンへの不平不満

創世記31:42
ヤコブの怒り→ラバンの不正
→本当はヤコブの怒りも不正

・ラバンの返答
契約を結ぼう 
何の?→和解の契約
創世記31:46→創世記31:54
⇒ヤコブの一族とラバンの一族の和解

3、和解の力
・和解の契約の証拠
創世記31:52-55
石塚、柱=和解の契約を目に見える形に

・和解の契約のしるし
ノア:創世記9:13虹=弓
→人の罪の罰を神が受けて下さる
私達:キリストの十字架
エペソ2:14-16
  
・誰にさばかせる?
ラバン:創世記31:53→神
ヤコブ:創世記31:37→一族

・大団円
テラフィムを盗んだ理由(創世記31:15)
→ヤコブが正しく婿と扱われていない無念
創世記31:54-55→大団円
「人の失敗すら益として用いられる神」

・ヤコブに必要な経験
これからのヤコブ→エサウとの和解

・和解を知る者の務め
Ⅱコリント5:18-19
和解の務め&和解のことば
♪賛美♪
1. 真昼のように
2. You are good
3. All in all
4. 花も
★イベント★
☆ Heart & Soul(毎週金曜夜)
  * 3/6 English Night
  * 3/13 カフェオケ
  * 3/20 ゲームナイト
  * 3/27 オープンマイク
☆ 3/25 Grace House ゲームナイト (毎月第四水曜日)

# by NC3blog | 2020-03-01 17:00 | Sunday Service

2020年2月23日礼拝

2020年2月23日礼拝_e0182473_17553570.jpg

(New Baby、@ナゴヤドーム、お宅訪問など)
📕メッセージ📕
聖書箇所 ヨハネの福音書2:1-25
テーマ  ディスカッション形式
説教者  ジョシュア カール 宣教師(ジョシュ)
①結婚式はどこで行われましたか。
Where did this wedding take place? (2:1)

②マリアはイエスに何をたずねましたか。
What did Jesus’ mother ask of him? (2:3)

③イエスは何を答えましたか。
How did Jesus answer? (2:4)

④マリアを助けようとしなかったイエスに対して、マリアはなんと言いましたか。
How did Jesus' mother respond to Jesus' seeming reluctance to help out? (2:5)

⑤イエスはどんな奇跡(きせき)を起こしましたか。
Read the actual miracle Jesus did in John 2:7-10. How did Jesus do this miracle? (2:7-10)

⑥奇跡のあとで、イエスは何をしましたか。 After Jesus did the miracle, what did Jesus do? (2:8)

⑦どうして宴会の世話役は花婿を呼びましたか。
Why did the headwaiter call the bridegroom? (2:9-10)

⑧宴会の世話役は花婿に何を言いましたか。
What did the headwaiter actually say to the bridegroom? (2:10)

⑨これがイエスの初めての奇跡だということがどのようにしてわかりますか?
How do we know that this was Jesus' first miracle? (2:11)

⑩ カペナウムでしばらく過ごした後、イエスはどこへ行きましたか?
どうしてでしょうか?
After spending some time in Capernaum, where did Jesus go? Why? (2:12-13)

⑪イエスは神殿で見つけた二種類の人はどのような人でしたか?
What two kinds of people did Jesus find in the temple? (2:14)

⑫彼はこれら二つのグループの人々にどのような反応をしましたか?
How did He react to these two groups of people? (2:15)

⑬この事件は、旧約聖書のどの箇所を思い起させますか?
What phrase from the Old Testament did this incident remind them of? (2:17)

⑭この神殿を破壊してみなさい。わたしは、3日でこれをよみがえらせる。このキリストの言葉の意味は何でしょうか。
What is the significance of Christ’s words, destroy this temple and I will raise it again in three days? (2:19)

⑮イエスの弟子たちは、イエスがこれを言ったことをいつ思い起こしました? 彼らがこれを思い起こした結果、何が起こったのでしょうか?
When did Jesus' disciples remember that Jesus had said this? What happened as a result of their remembering this? (2:22)

⑯イエスは人々を理解するのに助けが必要でしたか? どうしてでしょうか?
Did Jesus need any help understanding people? Why? (2:25)
♪賛美♪
1. Hear Our Praises
2. I Want to Know You
3. 真昼のように
4. 求めて
★イベント★
☆ Heart & Soul(毎週金曜夜)
  * 2/28 お休み
  * 3/6 English Night
  * 3/13 カフェオケ
  * 3/20 ゲームナイト
☆ 2/26 Grace House ゲームナイト (毎月第四水曜日)

# by NC3blog | 2020-02-23 17:00 | Sunday Service

2020年2月16日礼拝

2020年2月16日礼拝_e0182473_16433224.jpg
(男子会新年会、カフェオケ、セブ島、いちご狩りなど)
📕メッセージ📕
聖書箇所 創世記31:14-35
テーマ  「罪深い人間と介入し守って下さる神」
説教者  林 健二 牧師(ケンケン)
1、前回の復習
神からのことばに従い生まれた国へ帰ることに
創世記31:13
・さあ、立って

・この土地を出て

・生まれた国に帰りなさい

2、テラフィムを盗み出したラケル
創世記31:19
・テラフィムとは?
当時の読者には当然わかるもの
テラフ+イーム(男性複数形)

ヒッタイト語の悪霊→神の像、占いの道具
(Ⅱ列王23:24)

Ⅰサムエル19:13→ダビデの身代わりに

ダビデの家に
→どの家庭にもある身近な偶像

雑な扱い→神聖なものと言うより人形

・どうして盗んだのか?
神として?嫌がらせ?売るため?
父を回心させるため?

(創世記31:15)→回心させるためではない
創世記31:34-35→雑な扱い(⇔踏み絵)
→神としてではない

ヌジ文書「家の神」
→家長(正当な婿)であるしるし
創世記31:15 よそ者(売春婦)
ヤコブを正当な婿として扱っていない

悔しさ、無念
→形だけでも正当な婿のように
(+ラバンに追いついて欲しい?)

3、私たちが学ぶべきこと
・ラケルが引き起こした状況
創世記31:29
「あなたがたに害を加える力を持っている」
⇒ヤコブたちを滅ぼす動機も
滅ぼす力もある

どうして滅ぼされなかった?
⇒神様が介入して下さったから

・神様側からの介入
ラケルが感情に従って罪を犯した
→ラケルやヤコブが頼む前に神が介入

私達も神の介入なしには滅びる存在
→十字架と言う介入によって滅ぼされない

ラケルのように魔が差して罪を犯す
→十字架によってゆるされている
⇒罪を認め、感謝し、悔い改める

・大切なこと
大切なこと=向かう方向
ヤコブは神のことばに従い
カナンの地に向かった

御言葉に従うなら
神が介入し守って下さる
⇒さぁ立って、罪を離れ、
目的地に向かう
(ローマ6:23)
♪賛美♪
1. 主の前にひざまずき
2. 命の水
3. ここに愛がある
4. 永遠に
★イベント★
☆ Heart & Soul(毎週金曜夜)
  * 2/21 ゲームナイト
  * 2/28 オープンマイク
  * 3/6 English Night
  * 3/13 カフェオケ
☆ 2/26 Grace House ゲームナイト (毎月第四水曜日)

# by NC3blog | 2020-02-16 17:00 | Sunday Service

名古屋にある若者が元気なプロテスタントのキリスト教会です!


by NC3blog
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る